06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。久しぶりの更新です。
今年の目標は、週1での更新のはず・・・。

えーと、とりあえず文芸部&放送部に入りました。
そして早くも後悔中・・・。
文芸部は、活動が地味だって事意外は、いいんですよ。先輩も魅力的ですし。今月末には部活でお花見予定。楽しみです。

で、放送部。
活動そのものは嫌いじゃないんです。発声練習とか、滑舌練習とか。
暇さえあれば「外郎売」口ずさむような奴ですから、楽しいです。
先輩も、まぁ良い人達なのだと思います。後輩だからって甘やかそうとしないところが好感を持てます。



でも、なんか窮屈なんですよね。
確かに部室は狭いですけど、そういう意味ではなくて。

同級生と上手くやれる自信がありません。
放送部一年は私を含め四人。うち二人が同じ学校出身。二人が同じ学級。あ、一人とは文芸部でも一緒か。
・・・・・・交友関係狭いな。

放送部に入って、はじめて自分は下ネタが嫌いなのだと気づきました。
小説とかのそういう描写は読み流すので、平気だと思っていたのですが。
何かと絡んでくる方がいらっしゃいます。
あー、完全に私「敵」と認識されてますね。
簡単な言葉に置き換えるなら「嫉妬」とでも言うのでしょうか。面倒です。
ある人と私が話しているとそうなります。・・・「ある人」嫌いじゃないんですけどね、必要事項意外話したくなくなって来ますね。なぜなら、絡まれるのが面倒くさいから。

だからって、先輩方の手前、一人黙っていたりする訳にもいかないんですよね。あー疲れる。
その人と会いたくないが故に、早くも「選択間違ったかなー」と思っている紫樹です。あいも変わらず友人が居ないねぇ。

また、それに加えて朗読枠の不足。
1年生皆さん朗読希望らしいのですが、先輩方の都合上大会出られる枠、二つしかないみたいなんですよね。つまり、二人落とされる。
あと、機械担当者も絶対に一人必要。
一番アナウンスやら、朗読の実力ない奴がそこにまわされるんでしょうが、先輩としてもそれは言いにくいでしょうしね~。
ま、一番声低くて暗ーい私が、そちらに行くことになるのかもしれません。

朗読やりたくて放送部入ったと言っても過言じゃないんですが、仕方ないですよね。誰かがやんなきゃならない仕事だし。最も実力に欠けているのも事実だし。居場所ないし。
だいたい、演劇諦めて「せめて声だけでも」なんて放送部に入ったあたり、かなり先輩方に失礼なお話。妥協するのが1度でも2度でも3度目でも、大して変わりはないだろう?

と、ぐちぐち言っていそうな、未来の自分に向かってコメントを書いておきます。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。