07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり放置していましたね・・・。

いや、いろいろありまして。
今週の日曜日、日舞発表するのにまだ帯決めていない><
うわー。勉強しなきゃー。
作文書かなきゃー。
と、毎日パニックです。

そんな時にまた・・・。

「カメラの練習のために一年生だけでショートドラマを作ること」
と、これが放送部一年生に与えられた課題だったんです。

ドラマということで、当然台本から・・・。
その時点でね、はっきり言ってむちゃくちゃだった。
締め切りなんてあって無いような物。一人一つ考えてくるってことだった台本が5人分集まったとき、最初の締め切りを2週間近く過ぎていました。

それも、書きかけのもの・実現不可能なもの・字が読めないものなどでした。
私も人のことは言えません。文芸部用に書いていたものを一晩で手直しして提出したので。

それで、なんだかんだで私の書いた台本で作ることになったんです。
そのままだと少々短かったので、手直しして。
がーっと、土曜日一日かけて撮影しました。
カメラの練習ということで皆演技も適当。逆光だけを気にしながら撮りました。
それが夏休みのことです。

「あとは編集作業だけ」そう、皆も思っていました。

しかし、半月ほどたった頃でしょうか、それを高総文に出すということになってしまったのです。
私は驚きました。他の三人の女子もです。
「大会に出すか?」と先輩に言われ、一人の1年生(T君としておきます)が他の一年生に承諾を得ないままOKをしてしまったのです。

私は
あれは大会に出せるようなものじゃない。元々ドラマ用に書いた物ですらないから、動きだってほとんどない。それより何より大会の規定時間と合わない。
そう、言いました。しかし、T君は皆にあっさりこう言い放ったのです。
「撮り直せばいい」

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。